乳酸菌とオリゴ糖で子供の便秘を解消

テレビや雑誌でよく聞くので、乳酸菌がお腹に良いことは広く知られていますね。

 

 

しかし、乳酸菌が実は乳製品だけでなく、キムチや味噌などにも
含まれていることをご存知の方は少ないのでは?

 

 

乳酸菌の発酵を利用し、私達日本人はおいしい食べ物を食べているのです。

 

 

ヨーグルトやヤクルトなどの乳製品に多く含まれる乳酸菌を便秘に
良く効くように摂る方法は、乳酸菌が増えるためのエサとなる食べ物を
食べることと、ストレスを軽減し、より腸内のpH環境を安定させることです。

 

 

オリゴ糖は、歴史の古い乳酸菌の発見と共に研究が進みました。

 

 

母乳により育てられた乳児の便の状態が粉ミルクを飲む乳児と比較して違うこと、
下痢などが少ないこと、に注目されたことがオリゴ糖に関する研究のきっかけです。

 

 

オリゴ糖は、腸内善玉菌を増やす要因として健康食品に含まれています。

 

 

腸内に善玉菌が増えると腸内の環境が悪玉菌が増殖しにくい、
酸性になってしまいます。

 

 

オリゴ糖が善玉菌を増やすだけではなく、悪玉菌を減らしてしまう役割を
担っているわけです。

 

 

オリゴ糖の種類にもいろいろあり、消化器官で消化されにくく、腸まで到達する
ことのできるガラクトオリゴ糖などが腸内の善玉菌を活発にさせるのに適しています。

4歳の息子の壮絶な戦い!便秘は決して眠らない...

顔を真っ赤にして、トイレで息む息子をみて胸が張り裂けた。
どうしたら、息子の便秘は治るのか?

 

 

どうすれば、この苦しい戦いに終止符を打つことができるのか?

 

 

どこにでもいる家庭の、壮絶な便秘との戦いと解消法を紹介。

 

 

4歳の息子とその親父が戦った便秘解消までの日々