子供の便秘は体を動かして解消

便秘には適度な運動も必要です。

 

 

特に大人の便秘の場合は、腹筋を鍛えると万年便秘の解消に良い、
といわれています。

 

 

さらに、軽い運動をして副交感神経を高めると、消化器官が活発になるため、
定期的な運動が排便を促すことがわかっています。

 

 

とはいえ、意志の疎通がようやくできるようになった小さな子どもに
腹筋の運動をさせる、なんてことはかなり難しい話。

 

 

1歳頃からはお子さんの活動範囲も広がってきていると思いますので、
楽しく遊びながら運動をしてもらいましょう。

 

 

おゆうぎを取り入れると、腰をふりふり、など普段しない動きも取り入れることが
できるので、最近の流行の歌やアニメで好きなものがあれば、ご両親も一緒に
踊ってみてはいかがでしょうか?

 

 

1歳から歩き始める子が多いので、うんと歩かせておなかに振動を与えると良いでしょう。

 

 

まだハイハイのほうが上手なようでしたら、うつぶせにして腹部を床につけながら
動いてもらうのも便秘解消に有効です。

 

 

大人の方が、仰向けに寝かせたままの幼児の足をつかんで腿上げをするような
ポジションまでふとももをあげるてあげると、腸を刺激して排便を促します。

 

 

1−3歳児のエネルギーはすさまじいのですが、家事が忙しくてテレビを
つけっぱなしの家庭も多いかと思いますが、一日の一定時間は運動をする習慣を
取り入れて見ましょう。

4歳の息子の壮絶な戦い!便秘は決して眠らない...

顔を真っ赤にして、トイレで息む息子をみて胸が張り裂けた。
どうしたら、息子の便秘は治るのか?

 

 

どうすれば、この苦しい戦いに終止符を打つことができるのか?

 

 

どこにでもいる家庭の、壮絶な便秘との戦いと解消法を紹介。

 

 

4歳の息子とその親父が戦った便秘解消までの日々