砂糖湯で便秘解消

砂糖湯が便秘解消に効くと言われる由縁は、糖分が便を柔らかくする
働きを持つからです。

 

 

昔から便秘をすると砂糖湯を活用していたそうです。

 

 

砂糖は量が適度であれば病気などの副作用を心配することもありせんので、
安心して赤ちゃんに与えることができます。

 

 

3−5%くらいの濃度の砂糖湯をつくり(水100mlに対し、砂糖3−5g)、
ミルクの量を見計らって赤ちゃんにあげます。

 

 

砂糖湯を頻繁にあげると、ミルクを受け付けなくなることもあるので、
おなかをある程度満たしてから20−30ml量の砂糖水をあげるようにすると
よいでしょう。

 

 

また、あまりに頻繁に砂糖湯をあげると、子どもながらにクセがついてしまい、
必要でもないのに砂糖湯をせがむようになってしまうので、
量を調整するようにしましょう。

 

 

また、砂糖湯の効果は他の方法と同様、便秘に効く、効かないの個人差が
出てきます。

 

 

便秘が改善されずに赤ちゃんが苦しいようであれば、砂糖の量を多くするのでは
なく、医師の診断を仰ぐようにしましょう。

 

 

砂糖にもさまざまな種類がありますが、黒砂糖には多くのミネラルが含まれていて、
便秘解消には良いでしょう。

 

 

しかし、ミネラル量が多すぎても下痢になってしまうので、まずは良く使われている
上白糖を使用するとよいでしょう。

4歳の息子の壮絶な戦い!便秘は決して眠らない...

顔を真っ赤にして、トイレで息む息子をみて胸が張り裂けた。
どうしたら、息子の便秘は治るのか?

 

 

どうすれば、この苦しい戦いに終止符を打つことができるのか?

 

 

どこにでもいる家庭の、壮絶な便秘との戦いと解消法を紹介。

 

 

4歳の息子とその親父が戦った便秘解消までの日々