柑橘系の果汁で子供の便秘を解消

柑橘系のフルーツは、お医者様によっては乳児には適していないので
避けたほうがよいと考えられているため、いままで避けてきたご両親も
いらっしゃるかもしれません。

 

 

しかし1歳以上になればたいていの食べ物を食べれるようになります。

 

 

1−3歳は、離乳食ももう大分進んでいる年頃なので、いろんな食べ物を
体験してもらいましょう。

 

 

柑橘系のフルーツには難溶性のみならず、水溶性の食物繊維も多く含まれていて、
果汁としても食物繊維を摂取することができます。

 

 

さらに柑橘系の果汁は水分を引き出す力があり、消化器官を普通の食物よりも
早くに通過する傾向にあります。

 

 

その上、柑橘系に含まれる果糖は腸の細胞壁から水分を吸収するので、腸が
刺激され、ぜん動運動が活発化する、という一連の効果が期待されます。

 

 

柑橘系に含まれる果糖が便を緩める働きがありますので、柑橘系の100%果汁を
飲むことで有効な果糖を効率よく摂取することができるというわけです。

 

 

ただし、柑橘系の果汁の味は強すぎるので、最初はお湯で薄めて少しずつ幼児に
与えるようにしましょう。

 

 

量が多過ぎると下痢になってしまうのと、甘味料の添加で甘くされた柑橘系果汁は
糖分過多になっていまうので、飲みすぎにも注意です。

4歳の息子の壮絶な戦い!便秘は決して眠らない...

顔を真っ赤にして、トイレで息む息子をみて胸が張り裂けた。
どうしたら、息子の便秘は治るのか?

 

 

どうすれば、この苦しい戦いに終止符を打つことができるのか?

 

 

どこにでもいる家庭の、壮絶な便秘との戦いと解消法を紹介。

 

 

4歳の息子とその親父が戦った便秘解消までの日々