玄米を使った子供の便秘解消

玄米にはビタミンが豊富に含まれています。

 

 

その昔、日本人が玄米をやめて白米を食べるようになったために
脚気が蔓延したという話は有名ですね。

 

 

しかし、現代でも白米よりも炊飯に少々手間がかかるため、多くの方が
白米を中心の生活を送っています。

 

 

玄米には食物繊維も多く含まれています。

 

 

食物繊維も多い分、消化に時間がかかるので、お子様のご飯として出すときは、
白米と混ぜて少しずつ玄米の割合を変えていくと良いです。

 

 

また、食物繊維を増やすだけではなく、水分補給と運動を心がけないと、
余計に便の通りが悪くなってしまう、ということもあるので気をつけましょう。

 

 

玄米は噛み応えがあるので、歯が少ない幼児に食べてもらうのは
少々難しいかもしれません。

 

 

フードプロセッサを使ったり、海苔やふりかけと一緒に出す、などの工夫を
してみましょう。

 

 

また、チャーハンにしてみても玄米はぱらぱらしていておいしいので、
料理の工夫次第でお子様に人気のメニューとなるかもしれません。

 

 

きちんと炊かれていない玄米は消化に悪く、便秘改善どころではなくなって
しまうので、消化されやすいように、炊飯前に十分に水につけ、圧力釜もしくは
玄米炊飯専用のコースで玄米を炊くようにしましょう。

4歳の息子の壮絶な戦い!便秘は決して眠らない...

顔を真っ赤にして、トイレで息む息子をみて胸が張り裂けた。
どうしたら、息子の便秘は治るのか?

 

 

どうすれば、この苦しい戦いに終止符を打つことができるのか?

 

 

どこにでもいる家庭の、壮絶な便秘との戦いと解消法を紹介。

 

 

4歳の息子とその親父が戦った便秘解消までの日々