綿棒を使った便秘解消

乳児の便秘解消法で一番知られている方法が、綿棒をつかった方法でしょう。

 

 

家にあるもので手軽にできるし、効果もすぐに見られることが原因だと思いますが、
やはり異物を体の中に入れるとなると、初めての方はちょっと不安ですよね。

 

 

一度経験すれば慣れてしまうので、落ち着いてゆっくりやってみましょう。

 

 

方法としては、赤ちゃん専用の細めの綿棒の先にベビーオイル、もしくは
オリーブオイルをつけてすべりやすくし、ゆっくり出し入れをする、というものです。

 

 

肛門の周辺を刺激するだけでも便が出るときもありますので、
まずは周辺部分を刺激し、効果がないようならば肛門に直接綿棒をいれてみます。

 

 

このとき、急に便を出すことが多いので、下にしっかり敷物を準備して
片付けが簡単にいくようにしておくとよいかもしれません。

 

 

大人用の浣腸の液をつけて実践される方もいらっしゃいますが、
医師と相談して使用するようにしましょう。

 

 

綿棒を使った方法は、以外と簡単にできるのが利点ですが、
寝返りやハイハイができるようになった乳児には、使用することが難しいかもしれません。

 

 

どうしても動いてしまうときは、おもちゃで気をそらし、
2人以上で取り掛かるとスムーズに事が進みます。

4歳の息子の壮絶な戦い!便秘は決して眠らない...

顔を真っ赤にして、トイレで息む息子をみて胸が張り裂けた。
どうしたら、息子の便秘は治るのか?

 

 

どうすれば、この苦しい戦いに終止符を打つことができるのか?

 

 

どこにでもいる家庭の、壮絶な便秘との戦いと解消法を紹介。

 

 

4歳の息子とその親父が戦った便秘解消までの日々